銀行ローンの限度額設定について

キャッシング(カードローン)には、大きく分けて2つの種類があります。
1つは銀行が母体となるもので「銀行ローン」、もう1つは消費者金融などが運営している「消費者金融ローン」です。
いずれも基本的なサービス内容・仕組みは共通していますが、1点だけ大きく違っていることがあります。

それは「総量規制の対象となるかどうか」です。
総量規制とは、知っている人も多いでしょうが「年収に対して借入れ出来る限度額を制限している規制」のことで、総量規制対象となるものの場合は具体的に「年収の1/3までを融資の限度とする」と言うように決められてしまうため、大きな借り入れをするためには見合った収入を得ていることが必須となってしまします。
しかし、銀行ローンの様に総量規制の対象外となっているものに関しては、具体的な上限が設定されることは無い為、審査次第では非常に大きな金額まで利用出来る可能性があります。
お金を借りる
もし、大きな借り入れを希望する際、収入面で不安があると言う場合には、制限があるローンでは無く、制限なしで契約できる可能性のあるローンを選んだ方が賢明です。
申し込みをすれば確実にお金を貸してもらえると言う訳ではありませんが、契約出来た際に「この金額では足りない」という状況が起こりづらくなるメリットはあります。
足りないからと言って複数借入れをしてしまうと、返済不能に陥るリスクが高まってしまうため、出来る限り少ない件数の借入れで済むようにすることが大切です。

収入金額に関わらず毎月安定収入のある主婦は銀行カードローン・消費者金融どちらからでも借入可能ですが、収入が全くない専業主婦は総量規制対象外の銀行カードローンのみ借入可能となっています。

(引用:【主婦借入WEB】専業主婦でも借りられる、3つの方法)
申込手続き前に働いていない主婦でも借りることができるか確かめる必要があります。
主婦や専業主婦がキャッシング可能なカードローン会社はこちらのサイトで確認することができます。